会社概要

line1

広報・PR・社内コミュニケーション・ブランド領域に強い経営コンサルだからこそ、

経営基盤強化・業績向上・コスト削減・全体最適化の観点で、

社内・社外のコミュニケーション活動の課題を解決できます。

line1

商号 株式会社タンシキ
設立 2016年6月29日
本社 〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2283番地1F
代表 秋山和久
資本金 3,000,000円
役員・従業員 2人
事業内容 教育・研究機関、官公庁・自治体、企業を対象に、広報を基点にした地域・社会の産業・事業開発、組織開発、人材開発のコンサルテーション・実務支援。

<事業領域>

  1. 教育・研究機関、企業の研究広報および自治体を含めた産学官協創の支援
  2. 教育・研究機関、官公庁・自治体、企業の管理部門連携・組織内コミュニケーションの支援
  3. 教育・研究機関、官公庁・自治体、企業の広報マネジメントの支援
取引金融機関 三菱東京UFJ銀行 登戸支店

ゆうちょ銀行

横浜銀行 登戸支店

川崎信用金庫 登戸支店

楽天銀行

メール info@tanshiki.jp

 

弊社の特徴

line1

  やることはシンプルです

  • 調べる・考える・言語化する。これを一緒にやります。

 得られること(多くのお客さまのコンサルの使い方)

  • 現状・課題・解決策の棚卸と再整理ができます。
  • やるべきことが明確になり、腹落ちできて、判断・行動に迷いがなくなります。
  • あとは実行するだけ。時間・労力・コストのムダがなくなり、成果創出に繋がります。

  対象となるお客さま

  • 企業(BtoBの方が得意です)
  • 大学・研究機関(大学病院等の医療系を含む)
  • 自治体

  得意な領域

  • 組織内外のステークホルダーとのコミュニケーション活動
  • 魅力・強みを見つけて、データに基づき、認知・評価を上げること
  • 活動の基盤となる組織や人材を強化する研修・業務標準化

  たとえばこんなテーマで相談できます


  1.経営者・組織と社員とのコミュニケーション


  • リーダーシップコミュニケーション=トップと現場のコミュニケーションの場づくり、トップメッセージ開発
  • 企業ブランディング=ブランドコンセプト開発、理念浸透
  • 総務・人事=採用ブランディング、社内コミュニケーション、企業文化診断、社員意識調査
  • 経営企画=周年事業、管理部門の連携強化

  2. お客さまやマスコミとのコミュニケーション


  • マーケティング・コミュニケーション(BtoB)=顧客接点の媒体企画・開発・改訂、ニーズ探索、定量・定性調査、接遇評価
  • 広報・PR=パブリシティ、企業サイトリニューアル、M&A・分社化に伴う広報組織再編、グループ広報、広報効果測定、広報人材育成

  3.投資家とのコミュニケーション


  • IR・CSR=ESG情報開示のストーリー開発、個人投資家のWebサイト閲覧効果測定

  4.大学と企業のコミュニケーション


  • 産学連携=研究広報、法人広報(全学広報)、企業向けプログラム開発(企業ニーズ調査)

  5.自治体と住民とのコミュニケーション


  • 戦略・計画策定=移住・定住、広報、ブランド、シティプロモーション
  • 調査分析=認知度調査、第三者評価、事例調査、ワークショップ

  タンシキだからできる理由

  1. 組織内外の広報・コミュニケーションの実務経験を基礎とした「経営・組織・マネジメントコンサルタント」だからです。
    – 調べる・考える視座は常に社会や経営。視野は中長期。視点は多様。
    – だからこそ、コンサルティングでも実務支援でも、本質課題を言語化できて、全体最適とコスト削減を優先できる。着眼大局着手小局を実現できてムリ・ムダ・ムラがなくなります。
    – 日本でも数少ない稀なキャリアが、経営・マーケティングや組織・マネジメントの機能向上を、人の認知・評価の側面から課題解決できる根拠です。


  2. 豊富な経験から、お客さまの置かれている立場や状況を肌感覚で理解できます
    – 大手・中堅・ベンチャーまで企業規模問わず営業支援のPRから社内コミュニケーションまで実務支援・戦略策定支援を経験しています。
    – 大学広報実務に携わり、研究成果・研究者の広報を熟知しています。
    – 自治体を中心にした公共コミュニケーション学会の役員をしています。


  3. 最適解を考え抜くために、「小さな会社」を選択しています。
    – 労働資本・設備資本を最小限にすれば、「人数分を無理に稼ぐ」「特定サービスの受注に誘導する」必要がありません。
    – このため、お客さまの問題をありのままに捉える、お客さまサイドに立って企画立案や業者選定をサポートできます。