他とどう違うの?

立ち位置が明確に違います

同じ目線で考える外部パートナーです。

Strength1

一般的に受発注は上下関係になりがちです。

さらに、広報領域は異動での配属が当たり前。

お客さまは専門知識がない場合でも、専門業者のディレクションが必要になります。

不安ですよね。

そこで、弊社は、常に同じ目線・同じ立場で考えます。

当然、弊社を通じて専門業者をご紹介する形も可能です。

 

なにが良いの?

  • 知識・知見・ノウハウが特定領域に偏らないため、単体の問題なのか、いくつかの問題に連関性があるのか、全体を俯瞰して本質課題をとらえることができます。
  • 必要な打ち手の全体像を設計し、幅広いアプローチで解決していくことができます。
  • ご提供可能なサービスに固執する必要がないため、埋もれた課題に気が付きやすくなります。
  • これらの結果、専門業者に依頼する前に何をすべきかが明確になるため、弊社にご相談いただいた分を勘案しても、投資コストが最適化できます(総額コストが下がることも多くあります)。
  • 専門業者の提案に対する第三者評価ができ、意思決定が迅速になります。
  • 専門業者から原稿・写真素材の提供などを求められた場合、外部の目から助言やサポートができます。

 

なぜできるの?

「小さな会社」だから

労働資本・設備資本を最小限にすることで、「人数分を無理に稼ぐ」「特定サービスの受注に誘導する」必要がなくなります。
小さな会社を選択しているからこそ、お客さまの問題をありのままに捉える、お客さまサイドに立って企画立案や業者選定をサポートできます。


受注側・発注側 両方の経験があるから

広報分野では、記者、PR会社、広報実務の3つの立場を経験。書く側、受注側、発注側のすべてを経験した日本でも稀なキャリアです。

コンサルティングでは、大手・中堅・ベンチャーまで企業規模問わず営業支援のPRからIR、CSR、企業サイト、危機管理、社内コミュニケーションまで様々なテーマでお客さまと課題整理・企画立案までをし、実行フェーズになればお客さまが制作会社や広告代理店の選定・プロジェクトマネジメントを円滑にできるよう、アドバイザリー中心のサポートに集中してきました。


超ゼネラリストだから

広報を起点に、企業、大学、自治体の経営、マーケティング、IR、セールス、人材開発、組織開発、経営倫理、先端研究など様々なテーマに携わってきました。大学広報実務に携わり、研究成果・研究者の広報を熟知しています。自治体を中心にした公共コミュニケーション学会の役員をしています。

特定の専門分野に偏りすぎないから、俯瞰した全体最適の解決策を考えることができます。

 

本当にそこまで詳しいの?

line1

こんな疑問はありませんか?

「業界のこと、そこまで本当に分かっているの?」

そんなご不安には、以下の公共コミュニケーション学会での事例発表を基にしたコラムをご参照ください。

自治体分野に焦点があたっていますが、民間にも置き換えることができます。

たとえば、広報の経験を一定程度積んだ段階では、どのようなコンサルテーションの形態で委託をするのが良いのか。
広報の経験がない状態でコンサルテーションを委託する場合には、どのような留意事項があるのか。

広報・シティプロモーション戦略策定業務に係る業務委託~媒体側・発注側・受注側のすべてを経験した事例から

 

包括的にご助言するサービス例

line1

  • 月額固定のご契約 10万円~
    ※テーマ・内容・関わり方によってはさらにコストが下がることもあります。
    ※実務支援が発生する場合は、都度御見積。

line1

ちょっと話を聞いてみたい