『月刊総務』で広報兼任の方対象のコラム連載開始

『月刊総務』で広報兼任の方を対象にしたコラムの連載が始まりました。

企業規模や業種によっては広報の専門部署があります。

一方、「兼任」で広報を務める企業も多いです。広報担当者が明確に決まっていない会社もあります。

いずれにしろ、兼務で広報業務を担う方は、優秀な人材の採用、社員の定着率向上、モチベーションアップ、社内での情報共有、経営理念の浸透、顧客先の開拓、知名度・イメージアップ、新製品・サービスのプロモーションなど、多くの広報課題を、他の業務と並行しながら要領良く解決していく必要があります。

ところが、広報兼務者は一般的に、広報と他業務とのバランスについて、組織の要請で広報が最優先になることはありません。

このため、広報課題を自覚していても、時間も少なく、現状より業務負荷が増す懸念もあり、活動強化に躊躇しがちです。これは自然な感情。しっかりと「ラク」をしながら、広報活動を実施しましょう。

このコラムでは、「総務で広報を兼務している方」を対象に、要領良く広報業務を強化する方法をご紹介しています。

◆コラム連載

『月刊総務』 「総務の引き出し(広報)」

◆連載の概要

発行号 テーマ 概要
2017年4月号 広報を兼任 要領よくやるには?
  • 広報兼務者の悩み
    外部の広報セミナーや研修は、細かな広報のテクニックや方法論が多く、兼務者の立場で学びたいことを学べない
  • なぜ兼務者が学びにくい状況があるのか
  • 専門知識がなくても、兼務者は広報の戦略を考えることはできる
2017年5月号 社外広報の課題整理術
  • 目的から考えることって難しい
    目的は考える必要があるものの、最初から目的を考えようとするとうまくいかないこともある
  • 広報は課題が目的になりやすい
    活動を見直すと、たとえば「強みや魅力を発信できていない」などの課題が見えてくる。
    課題が明確なほど、目的や手段を考えやすくなる。
2017年6月号 社内広報の課題整理術
  • 社内広報の基本は情報共有
    社内広報は会社と社員とのコミュニケーション活動。
    会社と社員との間で情報を共有し、信頼関係を構築する業務。
    経営理念やがんばっている社員も、いわば「情報」。
  • 現状分析の方法(1)
    社員が「知っていること」「知らないこと」を考え尽くす。
    社員は、役職別、年代別など細分化して考える。
  • 現状分析の方法(2)
    できていること、できていないことを考える。
    社員が知っていること・知らないことと、出来ていること・出来ていないことを考えると、社員に知ってもらうべき事が明確になる。
    教科書的には、経営の方向性や経営課題から知ってもらうべきことを考える、という流れになるが、この場合、会社から社員への一方通行の情報伝達になりがち。
  • アンケートを実施する

ちょっと話を聞いてみたい